skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『ワイルド わたしの中の獣』オオカミ好きなコミ症変態女の暴走っぷりにビビった!

作品情報

原題:  Wild
監督:  ニコレッテ・クレビッツ
脚本:  ニコレッテ・クレビッツ
キャスト:  リリト・シュタンゲンベルク、ゲオルク・フリードリヒ、サスキア・ローゼンタール
音楽:  テラノーヴァ
上映時間:  97分


ざっくりあらすじ

職場と自宅を往復するだけの単調な日々を送るアニア。
近所の森で1匹のオオカミを見かけ、心を奪われる。
オオカミを捕獲し、マンションに連れ込む。
凶暴なオオカミも次第に懐き始め、アニアはオオカミを愛し始める……。

ワイルド わたしの中の獣 [DVD]

新品価格
¥3,342から
(2018/1/19 11:03時点)

【感想】変態女の暴走が怖い。

オオカミと心を通わせるうちに、秘めた欲望が覚醒していく女性の姿を描く。

との宣伝文句でしたが、さっぱりよく分かりませんでした。

心を通わせたのか?

 

主人公のアニア(リリト・シュタンゲンベルクさん)はコミ症です。

美人だけど根暗で独身、常にすっぴん女子力ゼロのIT担当の会社員。

社内でも周りに溶け込めず、プライベートの楽しみもない。たぶん。

 

そんなある日、近所の森でオオカミを見かけ、一目惚れ?します。

そしてネットでオオカミについて調べ、捕獲計画を立てます。

 

マンションの自室の1室をオオカミ用に準備。

会社の工場のパート職員に金を渡して夜な夜な捕獲準備を手伝わせる。

オオカミを吹き矢で撃って眠らせる。

上司の車を借りパクしてオオカミを移送。

無事に部屋にオオカミを閉じ込めることに成功。

 

ここまででだいぶ無茶なことをしています。

いろいろと常識はずれな犯罪行為をしてるわけです。

完全に頭がぶっ飛んでいます。

 

なぜそこまでオオカミに惹かれるのかも分かりません。

人間社会に溶け込めず、偶然出会って何かを感じたんでしょうが。

 

オオカミに高い肉を食わせたりして手なずけようとします。

が、野生のオオカミはなかなか懐かず好戦的です。

 

しかしアニアはとにかくオオカミファーストな状態です。

 

やっとオオカミが懐いてくると体を舐め回されて悦びます。

そして自慰行為がエスカレートし、オオカミにあっちを舐めさせたり、

マンションの階段の手すりで自慰行為を行い絶頂する。

もうホントにヤバい人です。

 

オオカミにお金をかけすぎて金欠になると、上司の財布から現金をパクります。

既に色んな犯罪を犯してますが、まだ終わりません。

 

会社に退職届を出しに行くと、上司の部屋で清掃員と誘われヤろうとします。

そこに上司が現れ清掃員退散。

代わりに上司と合体。

欲求不満の発情期状態のアニア。

速攻でイってしまった上司は気まずくなり、先に退散。

1人残されたアニアは何と上司に机に脱糞。

唐突に淡々と行われるその行為にまじでビックリです。

リリト・シュタンゲンベルクさん体張り過ぎでしょう。

女優魂にビビりました。

 

それからアニアは会社を辞め、オオカミ一筋。

マンションが臭いとかクレームを受け、屋上に移住します。

しかし、取り返しのつかない事件が起き、オオカミと一緒に逃走。

オオカミと野生に逃走したアニアはどうなってしまうのか・・・。

 

もう人間社会の常識など完全に無視した暴走っぷりが続きます。

なぜそこまでアニアがオオカミに惹かれていったのか、結局わかりません。

 

世捨て人となっていく姿が痛々しく、最後もすっきりしない微妙な映画でした。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top