skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『フリー・ファイヤー』そんなに撃ちまくってない!

作品情報

原題:  Free Fire
監督:  ベン・ウィートリー
脚本:  エイミー・ジャンプ、ベン・ウィートリー
製作:  アンディ・スターク
制作総指揮:  マーティン・スコセッシ、エマ・ティリンジャー・コスコフ、レノ・アントニアデス、デヴィッド・コス、サム・ラヴェンダー、ベン・ロバーツ、リジー・フランク、ダニー・パーキンス、ダン・マクレイ
キャスト:  ブリー・ラーソン、シャールト・コプリー、アーミー・ハマー、キリアン・マーフィ、ジャック・レイナー、サム・ライリー、ノア・テイラー、パトリック・バーギン、トム・デイヴィス
音楽:  ベン・ソーリズブリー、ジェフ・バーロウ
上映時間:  90分

 

ざっくりあらすじ

銃の闇取引のため、倉庫に集まった2組のギャング。
取引が始まると注文していたライフルと違うことが発覚し、空気が変わり始める。
そして思いがけぬトラブルも発生し、銃撃戦が始まってしまう…。

フリー・ファイヤー [Blu-ray]

新品価格
¥3,926から
(2018/1/9 10:15時点)

【感想】ぜんぜん撃ちまくってなかった。

「90分ノンストップで撃ちまくる」という予告でしたが、

それほどでもなかった。

 

それが残念でした。

つまり期待外れです。

 

スカッとするほどの銃撃戦を期待していたのですが、

ちまちま打ち合っていただけでしょっぱい感じです。

 

まず、誰がどっちの勢力かもイマイチ覚えられないまま雑な打ち合いが始まるし、

どこに誰がいて、誰を撃っているのか分かりにくいです。

どちらの勢力も応援する気になれないし、どうなるかのハラハラ感もないし、

銃撃戦の末にどうなるかがどうでもいいのです。

 

とはいえ銃撃戦が面白かったりかっこ良ければ楽しめるのですが・・・。

そんな楽しみも一切なく、素人っぽいギャング?達が撃ち合って自滅するだけの映画。

 

90分が長く感じるほどのつまらなさでした。

 

ユーモラスなセリフをちょいちょい挟むのですが、これも大して面白くありません。

 

個人的には全くおすすめできない、残念な映画です。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top