skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『スパイダーマン:ホームカミング』スパイダースーツがアイアンマン化していて萎える。

作品情報

原題: Spider-Man: Homecoming
監督: ジョン・ワッツ
脚本: ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー、ジョン・ワッツ、クリストファー・フォード、クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ
製作: ケヴィン・ファイギ、エイミー・パスカル
制作総指揮: ルイス・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、パトリシア・ウィッチャー、ジェレミー・ラーチャム、アヴィ・アラッド、マット・トルマック、スタン・リー
キャスト: トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、ドナルド・グローヴァー、タイン・デイリー、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr、ジェイコブ・バタロン、グウィネス・パルトロー、ジェニファー・コネリー
音楽: マイケル・ジアッチーノ
上映時間: 133分

 

ざっくりあらすじ

高校生のピーター・パーカーは、トニー・スタークにスカウトされ浮かれていた。
親愛なる隣人スパイダーマンとして町の小悪党を退治する日々。
そんなピーターは本格的にアベンジャーズ入りを夢見て大きな事件を探していた。
その頃、アベンジャーズの闘いの瓦礫撤去をしていた作業員たちが、
残骸から宇宙人の技術を盗みだし、武器を製造して密売を始めていた・・・。

スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,438から
(2018/1/4 15:40時点)

【感想】無邪気なスパイダーマンの学園ドラマ。

マーベル作品『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場したスパイダーマンの単独映画です。

 

最近のアベンジャーズシリーズなどに比べるとホームドラマ感が強くなりました。

国家的危機や地球規模の危機を救う話ではありません。

まだまだ子供なスパイダーマンが自分をひたすらトニー・スタークにアピールする映画です。

 

おもしろいのですが、学園ドラマのようなノリでした。

ホームカミングなのでそれでいいのですが。

高校の学園生活を中心に合間でスパイダーマン活動に励むピーターを描いてます。

 

原作コミックスを知らない私は過去の実写化スパイダーマンの影響が強いので、

多少の違和感と物足りなさを感じました。

 

サム・ライミ監督のスパイダーマンでは力を持ってしまったピーターが

ヒーローとしての在り方や自分の生き方に悩み苦しみ、道を見出していく物語でした。

 

それに比べ今回のスパイダーマンはあまりに幼い印象です。

とにかくかっこいいヒーロー軍団のアベンジャーズに入りたい。

それしか行動原理が感じ取れませんでした。

スパイダーマンとしてどうありたいのか、なぜ街を守るのかとか謎でした。

スパイダーマンへの成り立ちに重点を置くと、過去作と被るからかもしれませんが。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で描かれてたのかもですが、覚えてない。

 

そもそもトニー・スタークからもたったスパイダースーツがハイテク過ぎます。

アイアンマンの装備とそんなに変わらない印象です。

スーツの性能で糸の出し方や強弱が調整できます。

AIも搭載されていて、盗聴できたり、ドローンとばしたり、メカニックすぎる気が・・・。

 

友達のネッドがスパイダースーツの発射装置を使って助けてくれたりもします。

え?糸は自分の体から出しているのじゃないのか⁉

これならスーツを着れば誰でもスパイダーマンになれるのじゃないだろうか。

 

漫画「ナルト」の続編「ボルト」に出てくる化学忍具のようなものでしょうか。

とにかくスパイダースーツがアイアンマン化していて、ハイテク過ぎて萎えました。

 

とはいえ映画自体はコミカルで、重苦しさもなく気軽に楽しめる面白さがあります。

 

なんとも緊張感のない、ゆる~い映画でした。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top