skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『ノック・ノック』女2人にムカつき過ぎてフラストレーションが溜まる映画

作品情報

原題: Knock Knock
監督: イーライ・ロス
脚本: イーライ・ロス、ニコラス・ロペス、ギジェルモ・アモエド
制作: イーライ・ロス、ニコラス・ロペス、ミゲル・アセンシオ・ジャマス、コリーン・キャンプ、ティム・デグレイ、カシアン・エルウィズ
制作総指揮: キアヌ・リーヴス、テディ・シュウォーツマン、ソンドラ・ロック、ピーター・トレイナー、ラリー・スピーゲル
キャスト: キアヌ・リーヴス、ロレンツァ・イッツォ、アナ・デ・アルマス、アーロン・バーンズ、イグナシア・アラマンド
音楽: マヌエル・リベイロ
上映時間: 99分

 

ざっくりあらすじ

妻と子供二人で幸せな日々を過ごしているエヴァン。
週末で妻子は泊まりでビーチに出かけ家で一人仕事をしていた。
夜中にドアをノックする音が聞こえる。
ドアを開けるとびしょ濡れの女性が二人。道に迷ったという。
女性を自宅に入れ、タオルを渡し、タクシーを呼んであげるエヴァン。
しかし、女性はなぜかエヴァンを誘惑し始める・・・。

ノック・ノック [DVD]

新品価格
¥3,191から
(2017/12/28 16:29時点)

【感想・ネタバレなし】女二人にひたすらムカついた

あーあ、やっちまったな。でもそりゃ騙されるよ。しかたない。

って感じで、キアヌ・リーブスに同情します。

 

家族と幸せに暮らすエヴァン(キアヌ・リーブス)。

ある日、夜中に一人仕事をしてると、びしょ濡れの若い女が二人訪ねて来る。

妻と子供は泊まりで遊びに行って不在。

親切なエヴァンは二人を家に入れ、タオルを渡し、服を乾かしてあげる。

その間に電話でタクシーまで呼んであげる神対応。

しかし女二人はエヴァンを誘惑し始める。

あからさまなボディタッチや下ネタを連発。

 

誰がどう見ても誘っています。

誰がどう見てもビッチです。

 

妻子がいるからと拒絶するエヴァンでしたが、

ビッチ二人は全裸になり、二人がかりで強引に襲います。

そしてついにエヴァンは二人とヤってしまいます。

 

翌日、目覚めるとビッチは部屋を散らかして好き放題やっています。

さすがにキレたエヴァンは二人を追い出し、車で街まで送っていきます。

 

しかし、ビッチは懲りずに戻って来て、再びエヴァンを襲い、悪さを始める。

 

こんな感じの内容です。

 

とにかくビッチ二人がムカつきます。

もう、むちゃくちゃです。

 

15歳だと主張して淫行で刑務所行きだとか言ってエヴァンを脅します。

自分たちが誘っておいて何なんだ。

そりゃそれでも手を出したら罪になるのは分かるけど。

 

好き放題なビッチ二人を見ててイライラして仕方ありません。

こいつらは何がしたいのか、目的も分かりません。

 

私が男だからこんなにビッチに腹が立つのだろうか。

女性目線なら妻子持ちなのにヤっちゃったエヴァンにムカつくのだろうか。

 

理由も分からずハメられたエヴァン。(ある意味ハメた方だけど)

ビッチの主張に正当性を感じられず、同情しかありません。

(正当性が感じられない細かい理由はネタバレするから書きません)

 

いきなり訪れる理不尽が描かれています。

そりゃ、あからさまに怪しい二人を家に入れるエヴァンもどうかと思いますが。

 

これを浮気男への制裁というならとんだ勘違いです。

 

ビッチ二人に大逆転してスカっとする爽快感を期待して、最後まで耐えましたが、

結局終わりまでストレスの溜まる展開でした。

 

映画の面白さとかじゃなく、内容的に気分の悪くなる映画です。

 

ただ、ビッチの一人がアナ・デ・アルマスさんです。

「ブレードランナー2049」のジョイ役でめっちゃ可愛かった女優さん。

彼女のサービスカットがあるので、男性はそれ目当てで観てもいいかもしれません。

 

なんてことを書くとやっぱり男ってサイテーってなりそうな気もしますが。

 

とにかく後味の悪い映画だったことは確かです。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top