skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『ロスト・メモリー』どんでん返し系のサスペンスホラー!

作品情報

原題: Du hast es versprochen
監督: アレックス・シュミット
脚本: アレックス・シュミット
キャスト: ミナ・タンデル、ラウラ・デ・ベーア、カタリナ・タルバッハ、マックス・リーメルト、クレーメンス・シック
音楽: マリアン・ラックス
上映時間: 102分

 

ざっくりあらすじ

ハンナは長らく連絡を取っていなかった幼馴染のクラリッサと偶然再会する。
二人は昔を懐かしみ、子ども時代に訪れた島へバカンスに行くことにした。
ハンナの娘とクラリッサの3人で島を訪れるが、
島では昔一緒に遊んだ少女が行方不明となっていて、不穏な空気が漂っていた。
ハンナは行方不明になった少女のことをすっかり忘れていた。
忘れていた記憶が少しずつ蘇り、少女失踪の真実が明らかになっていくのだが・・・。

ロスト・メモリー [DVD]

中古価格
¥1,500から
(2017/12/13 10:55時点)

【感想】ネタバレなし。主人公がロストメモリーしすぎです。

なかなか面白いホラーテイストなサスペンス映画でした。

 

主人公は医師のハンナ(ミナ・タンデルさん)。

娘と旦那(浮気が発覚)がいる。

ある日、疎遠になっていた幼馴染のクラリッサが病院に担ぎ込まれる。

2人は偶然の再開を喜ぶ。

早速クラリッサに旦那の浮気を愚痴るハンナ。

クラリッサは息抜きにバカンスに行くことを提案する。

行き先は子供の頃に二人が訪れていた島。

ハンナの娘とクラリッサと3人で島に行く。

島では昔一緒に遊んでいたマリアが行方不明になっていることが発覚。

しかしハンナはマリアのことを覚えていなかった。

ハンナは島で謎の少女の姿を目にする。マリア?

次第にマリアの記憶が少しずつ蘇って行くハンナ。

マリアに何が起こったのか記憶を思い出そうとするハンナだったが・・・。

 

そんな感じのストーリーです。

マリアの身に何が起こったのか。

ハンナが少しずつ思い出していくことで真相が分かっていきます。

過去がフラッシュバックしたり、謎の少女の姿を見たり、

ホラー的な演出でドキドキもさせてくれます。

終盤のどんでん返しも驚きがあってなかなか良かったです。

 

若干悲しい気持ちになりますが、

サスペンス映画としてはよくできた映画だと思いました。

 

それにしてもハンナの物忘れがハンパないです。

なかなかに強烈な体験をしているのに、島を訪れるまでマリア自体を忘れています。

ドン引きレベルの酷い記憶力です。

嫌な記憶を意図的に消去したのか、気にも留めず素で忘れたのか。

どちらにしても酷いです。

人間性を疑いました。

正直、島でハンナに振りかかる出来事は自業自得としか思えませんでした。

まったく恐ろしい少女です。

 

ある意味、どんでん返しよりもハンナの記憶力の悪さと人間性に驚く映画です。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top