skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『スプリット』感想 思いのほか衝撃の無い監禁映画

作品情報

原題: Split
監督: M・ナイト・シャマラン
脚本: M・ナイト・シャマラン
製作: M・ナイト・シャマラン、ジェイソン・ブラム、マーク・ビエンストック
制作総指揮: スティーヴン・シュナイダー、アシュウィン・ラジャン、ケヴィン・フレイクス
キャスト: ジェームズ・マカヴォイ、アニャ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー
音楽: ウェスト・ディラン・ソードソン
上映時間: 117分

 

ざっくりあらすじ

高校生のケイシーは、クラスメイトのクレアの誕生パーティーに出席する。
帰りはクレアの友達のマルシアと共に、クレアの父が車で送ることになる。
駐車場で車に乗る時、クレアの父親が襲われ、彼女たち3人も拉致されてしまった。
密室で目覚めた3人の前に、怪しい坊主頭の男が現れる。
3人を監禁した謎の男は、23の人格をもつ解離性同一性障害者だった・・・

スプリット ブルーレイ DVDセット [Blu-ray]

新品価格
¥3,036から
(2017/12/11 12:17時点)

【感想】ネタバレなし

正直期待外れでした。

衝撃的な結末を期待していたのですが、

割と普通の監禁系の映画です。

 

見どころは多重人格者演じるジェームズ・マカヴォイさんの演技。

英語が分かればもっと凄さが分かるのだと思います。

分からなくても十分凄い存在感でした。

また、主人公のケイシーを演じるアニャ・テイラー=ジョイさんが、なんとなく美人です。

孤独な雰囲気を醸し出していて、独特の存在感が印象的でした。

今後に期待したい女優さんです。

 

ただ、それだけでした。

衝撃的な結末もありません(私的には)。

 

異常者の多重人格の男が暴走するだけです。

「SAW」のジグソーほど振り切ってるわけでもありません。

拉致の仕方も雑ですし、警察の捜査はどうなっているんだと思ってしまいます。

 

最近は密室系や監禁系の映画が多いので、見慣れた設定になっているのかも知れません。

それを超える要素が多重人格者って設定だと思いますが、マカヴォイさんの演技を楽しむだけでした。

しかも最初から多重人格者って分かっているし。

もちろんオチに繋がる多重人格者ならではの展開もあるのですが、イマイチでした。

詳しくはネタバレになるので書きませんが、これから観る方は期待だけはしない方がいいと思います。

 

シャマラン監督の完全復活とか言われてましたが、残念でした。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top