skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』感想 安定のジャック・スパロウ映画

原題: Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales 
監督:  ヨアヒム・ローニング、エスペン・サンドベリ
脚本:  ジェフ・ナサンソン
製作:  ジェリー・ブラッカイマー
制作総指揮:  マイク・ステンソン、チャド・オマン、ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr、テリー・ロッシオ、ブリガム・テイラー
キャスト:  ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラリオ、ケヴィン・マクナリー、ジェフリー・ラッシュ、ゴルシフテ・ファラハニ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ
音楽:  ジェフ・ザネリ
上映時間:  129分


ざっくりあらすじ

ウィル・ターナーの息子ヘンリーは父の呪いを解くため、伝説の秘宝“ポセイドンの槍”を探していた。見つけるためジャック・スパロウに辿り着いたヘンリーは、槍の在りかを示す地図を読める天文学者のカリーナと出会う。
槍を探すヘンリーとジャックとカリーナの三人は、魔の三角海域から解き放たれた「海の死神」サラザールに命を狙われることになる……。

【感想】安定の面白さです。

やっと観ました。

監督が変わってもいつものジャック・スパロウ映画でした。

 

コミカルなジャック・スパロウの安定感はさすがです。

何の心配もなく楽しく観れます。

アクションと笑いと音楽がマッチして、テンポ良いストーリーに安心感がありました。

 

ウィル・ターナー(オーランド・ブルームさん)の息子のヘンリー(ブレントン・スウェイ)もどことなくオーリーに似ていて息子役ぴったりです。

若かりし頃のジャック・スパロウを演じたアンソニー・デラトーレさん、イケメンでした。

そしてちゃんとジャック・スパロウしてたのが良かったですね。

なるほど、こいつがジャックになるのか、納得!って感じでした。

悪役のハビエル・バルデムさんもいい味出してましたよ。

今回はキャスティングがなかなか良かったですね。

 

懐かしいキャラクターも登場してて、それだけでテンション上がりました。

第1作目が公開されてもう14年なんですね。

物語の中でも時代が少し変わったことを感じられて、ちょっとした同窓会のような映画でした。

 

何を観るか困った時に、安心して観れる安定の映画です。

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top