skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『ロンドンゾンビ紀行』感想。老人が銃を乱射してゾンビを撃退する映画。

作品情報

原題: Cockneys vs Zombies
監督: マティアス・ハーネー
脚本: ジェームズ・モラン
製作: ジェームズ・ハリス、マーク・レーン、マティアス・ハーネー
キャスト: ハリー・トレッダウェイ、オナー・ブラックマン、ミシェル・ライアン、ラスムス・ハーディカー、アラン・フォード、ジョージア・キング
音楽: ジョディ・ジェンキンス
上映時間: 88分

 

ざっくりあらすじ

ロンドンに住むアンディとテリーの兄弟は、祖父のレイが入居する老人ホームを閉鎖から救うため銀行強盗を企てる。
仲間と一緒に銃を持って銀行に乗り込んだが、金を持って銀行から外に出ると街中はゾンビで溢れかえっていた。
祖父を心配する兄弟は老人ホームに救出に向かうことにした。

ロンドンゾンビ紀行 [Blu-ray]

新品価格
¥3,009から
(2017/11/20 13:04時点)

【感想】中途半端なよくあるゾンビ映画。

コメディっぽいテイストのはちゃめちゃゾンビ映画です。

正直私はイマイチでした。
コメディってノリが合わないと面白くないんですよね。

基本ふざけた映画です。

主人公の兄弟テリー(ラスムス・ハーディカーさん)とアンディ(ハリー・トレッダウェイさん)は、祖父レイ(アラン・フォードさん)の老人ホームの閉鎖を守るためにお金がいるから銀行を襲います。
この時点でふざけてます。

テリーとアンディはフラフラしてるちょっとヤンチャな若者です。
2人がふざけたノリでコメディ的な要素を出してるはずなんですが、面白くありません。

無駄にふざけた会話をさせてるんで物語のテンポも悪いです。

祖父のレイや老人ホームの年寄りたちも基本お笑い担当です。
悪態ついたり素行が悪かったりと笑いを狙ってきますが、面白くありません。

老人はみんなノリノリで銃を乱射します。
戦争世代だからでしょうか、何故か年寄りたちは銃の扱いに長けています。

二階建ての赤バスを奪って逃げるんですが、後ろに電車が走ってたりします。
街中が混乱してるはずなのに電車動いてるんかい。

最後まで外国独特の笑のノリについていけませんでした。

英語が理解できればもっと笑えるのかもしれません。
ゾンビ映画としても恐怖もなければ爽快感もないので、イマイチです。

よほどのゾンビ好きか暇な人以外はオススメしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top