skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『プロジェクトA』感想。アクションとコメディ要素が絶妙なジャッキー映画

作品情報

原題: A計劃/Project A
監督: ジャッキー・チェン
脚本: ジャッキー・チェン、エドワード・タン
製作: レナード・K・C・ホー
制作総指揮: レイモンド・チョウ
キャスト: ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウ、イザベラ・ウォン、ディック・ウェイ
音楽: マイケル・ライ
上映時間: 105分

 

ざっくりあらすじ

二十世紀初頭、イギリスが統治する香港では海賊行為が横行し幅を利かせていた。
そんな中、水兵のドラゴン(ジャッキー・チェン)は海賊を取り逃がしてばかりいた。
ついにはイギリス海軍の提督が海賊に捕まってしまい、救出のため陸上警察のジャガー隊長(ユン・ピョウ)、コソ泥のフェイ(サモ・ハン・キンポー)と手を組み、共に提督の救出と海賊の討伐に乗り出すのだった・・・。

 

プロジェクトA [Blu-ray]

新品価格
¥1,113から
(2017/10/31 13:54時点)

 

【感想】

古き良きジャッキー映画。代表作の一つと言える映画です。
さすがに面白い!

Huluでジャッキー映画特集やってたので久々に鑑賞しました。
ハリウッドで活躍するようになって、もうずいぶん経ちますが、もともとは香港で本格的なカンフー映画からコミカルなアクション映画を撮っていましたね。
既にこの頃からジャッキーの映画スタイルが完成されてます。
もちろんハリウッドでのジャッキー映画も面白いですが、やはりこの当時のジャッキー映画はいつ観ても面白いです。

私の世代の男子は幼少期をジャッキーと共に過ごしたと言っても過言ではないと思います。
男子はみんなカッコいいカンフーに憧れて育ったものです。

「酔拳」、「ポリスストーリー」、「スパルタンX」など面白い映画が沢山ありますが、その中でも「プロジェクトA」は普段カンフー映画を観ない方でも入りやすい、万人受けする作品だと思います。
多分、私的には。

ジャッキーのいつものコミカルさとアクション、そしてお馴染みのサモ・ハン・キンポーとユン・ピョウのトリオが最高です。
そして完全に暴力的な映画なのにコミカルさと定番の格闘中の「あの音」でバイオレンスさが減ってる気がします。
そしてふざけたキャラクターが多いのもジャッキー映画の面白さの一つですね。基本みんなふざけてます。

90年代以降はワールドワイドなジャッキー映画になってきて、それはそれで楽しいですけど、やっぱり昔から観てる世代にとっては、80年代に入ってからの「プロジェクトA」、「スパルタンX」、「ポリスストーリー」、「プロジェクトA2」あたりの作品は最高です。
(思い出補正もあると思いますけど)

最近の若い人たちってジャッキー映画とか観るんでしょうか。

「〇〇モンキー」シリーズなど70年代のジャッキー映画は流石に映像も古くて観る人を選びますので、昔のジャッキー映画を知らない方は、是非「プロジェクトA」から観ることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top