skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

何度観ても面白い映画10選!!【洋画】

何度観ても面白い映画ってありますよね?急に観たくなったり、偶然テレビでやってるのをついつい観てしまったり。そんな何度観ても面白い映画10選です。

①『ダークナイト』

今最も次回作が期待される監督、クリストファー・ノーランさんが描くバットマン・シリーズの第2作目。故ヒース・レジャーさんがアカデミー助演男優賞を受賞したことでも話題になりましたね。ヒースさん演じる悪役ジョーカーはもはや伝説です。こんなにかっこいい悪役はダースベイダー以来じゃないでしょうか。鳥肌ものの演技に魅了されっぱなしになりました。バットマン役のクリスチャン・ベールさんはもちろん、脇を固めるゲイリー・オールドマンさん、アーロン・エッカートも最高ですね。これまでのアメコミ映画の色を打ち壊した重厚な内容の物語です。ストーリー展開、アクション、役者の演技どれを取っても存分に楽しめる映画です。まさに何度観ても面白い映画。いやぁ、ジョーカー最狂です!

②『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

SF映画と言えば必ず名前の上がる大人気シリーズ、「スター・ウォーズ」。映画を観たことなくても名前を知らない人はいないのではないでしょうか。キャラクターや世界観がとにかく素敵ですよね。新三部作より断然人気の高い旧三部作。特に最初のエピソード4を最初に観た時は最高に興奮しました。CG技術がない時代でもこんなに面白いSF映画を作れるなんてルーカスさん天才です。今年は最新作のエピソード8も公開されますし、また最初から見返したくなりますね!

③『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

タイムトラベルものの映画の代名詞ですね。1985年に作られ公開から30年以上経っても全く色あせず、いつ観ても面白い!CGも使われてなくて合成処理だけなのに今でも違和感なく入り込めます。マーティーやドク、タネンの個性的で愛すべきキャラクターやデロリアンがかっこいい。この映画を観てデロリアン好きになった人も多いんじゃないでしょうか。シリーズどの作品も面白く魅力あふれるSF映画です。

④『ターミネーター2』

アーノルド・シュワルツェネッガーさんの代表作ですね。シュワちゃん全盛期でかっこよ過ぎました。「I’ll be back」と聞くとターミネーターしか浮かびませんね!そして何と言っても敵のターミネーターT-1000型です。演じてるロバート・パトリックさんの無表情な演技が不気味で怖すぎて最高です。そんな中にユーモアも忘れないT-1000型。彼あっての面白さだと思います。この作品の完成度が高すぎてシリーズ通して2を超えることが難しくなっちゃいましたね。監督のジェームズ・キャメロンさんは本当にすごい!

⑤『セブン』

七つの大罪をモチーフにした猟奇殺人事件を追う刑事と犯人を描いたサスペンス。デビッド・フィンチャー監督の代表作の一つです。よく「どんでん返し映画」としても選ばれるサスペンス映画の名作ですね。所見の衝撃が未だに忘れられません。練りこまれた脚本と役者の演技が絶妙で何度観ても面白い。ブラッド・ピットさん、モーガン・フリーマンさん、ケビン・スペイシーさん、グウィネス・パルトローさんみんな素晴らしい演技でした。ラストの緊張感とブラピの演技が最高です。バッドエンドと取るかハッピーエンドと取るか解釈が分かれるところも面白いですね。

⑥『ロード・オブ・ザ・リング』

3部作の壮大なファンタジー映画。完成された世界観と綺麗な映像が圧巻の映画です。人間、ホビット、エルフ、ドワーフたちが協力して、闇の軍勢と戦う冒険が丁寧に描かれています。三部作それぞれが3時間ほどの超大作で思う存分物語の世界を堪能できるのが良いですね。そして主人公のフロドが弱いのがまたいいんです。弱いのに頑張り続ける姿に心打たれます。その分アラゴルンやレゴラスの強すぎるアクションもかっこいいですね。オーランド・ブルームさんに恋した女性も多かったのではないでしょうか。時間がある時に一日かけて一気に3作品観たくなる映画です。

⑦『グーニーズ』

子供心をくすぐる冒険映画。これぞ名作です。小さな頃は誰もが冒険に憧れると思いますが、まさにそんな子供の夢が詰まった映画です。ちなみに私はグーニーズ観てから屋根裏に憧れました!1985年公開でずいぶん古い映画ですが、今でも十分楽しめます。むしろ最近はCGコテコテの映画が溢れてますが、CGなんかなくても昔はこんな楽しめる映画が作れるんだと感心します。登場する子供たちみんなのキャラクターが上手く活かされ、悪役も味がある素晴らしい脚本だと思います。子供から大人まで楽しめる冒険エンターテイメントです。子供にはCG映画じゃなくこういう映画を魅せたくなりますね。いやぁ何度観ても面白い!

⑧『ショーシャンクの空に』

無実の罪で投獄された銀行員が刑務所の中で希望を捨てず生き抜いていく感動の物語。こちらも名作中の名作ですね。好きな映画は?って聞くとよくこの映画の名前が返ってくるほど広く愛されている有名な映画です。ベタ過ぎますが、やはり何度も観たくなるのであえてチョイスしました。とにかく理不尽で苦しい状況にも自由を求めて希望を捨てない主人公が素晴らしいです。観るたびに心洗われる気持ちになる素敵な映画ですね。若かりし頃のモーガン・フリーマンさんもイケメンです。

⑨『ノッティングヒルの恋人』

バツイチのイケてない一般人とハリウッド女優の恋愛物語。観終わった後に幸せな気分になれる映画です。書店の店主を演じるヒュー・グラントさん最高です。バツイチで恋を諦めたような情けない男性なんですが、ヒュー・グラントさんの情けないけど優し気な表情が最高に素敵でした。ジュリア・ロバーツさん演じるハリウッド女優のアナ・スコットは偶然出会った冴えない一般人と何故か恋に落ちます。そんな都合のいい話が映画らしくていいですね。街角でぶつかって服にコーヒーをかけてしまったことから始まる恋、誰もが一度は描く妄想のような出会いです。憧れます。脇を固める登場人物も個性的で笑わせてくれます。ニヤニヤしながら時に切なくなる恋の物語です。ラストでエルビス・コステロさんの『She』が流れるシーンは何度観ても幸せな気分になれます。最高です。

⑩『インターステラー』

クリストファー・ノーラン監督のSF大作、これはヤバいですね!ノーラン監督が科学に忠実なものを目指した結果、もう普通の人では理解し難い専門用語がバンバン出てきます。でも、そんなこと関係なしに楽しめるエンターテイメント性を持った映画です。科学的な話なんか完全に理解できなくても面白いんです。人類が移住できる惑星を探す物語の中で親子の愛を描いていますが、とにかく何より映像がすごい!まさに今まで見たこともないような映像表現でグイグイ引き込まれます。そしてストーリーの組み立てが上手すぎる。伏線を回収してラストへなだれ込む展開はノーランさん天才としか思えません。とんでもない映画です。より深く理解するためにもまさに何度も観たくなるし、何度観ても面白い映画です。


どれも何度観ても面白い、噛めば噛むほど味が出るスルメのような映画だと思います。

今回の10作品は多くの方が観たことある映画ではないでしょうか。
そして何度観ても面白い!と言うに値する映画だと思います。
やっぱり最後はいい気分になれる映画は、何度も観たいと思いますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top