skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『アルマゲドン』 民間人が宇宙に行って地球を救うなんて、すげぇええ!

作品情報

原題:  Armageddon
監督:  マイケル・ベイ
脚本:  ジョナサン・ヘンズリー、J・J・エイブラムス
製作:  ジェリー・ブラッカイマー、ゲイル・アン・ハード、マイケル・ベイ
製作総指揮:  ジョナサン・ヘンズリー、チャド・オーマン、ジム・ヴァン・ヴィック
キャスト: ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リヴ・タイラー、ウィル・パットン、スティーヴ・ブシェミ、マイケル・クラーク・ダンカン、オーウェン・ウィルソン、ビリー・ボブ・ソーントン、ウィリアム・フィクナー
音楽:  トレヴァー・ラビン、ジョージ・マッセンバーグ
上映時間:  150分

 

ざっくりあらすじ

地球への衝突するコースを取る小惑星が発見された。
小惑星が地球に激突すれば、バクテリアすら生き残れない。
衝突を回避するには、小惑星の内部から核爆弾を破裂させるしかない。
その任務のため石油採掘のスペシャリストたちが集められた。
約18日後に衝突する小惑星に向かって、14人の男たちが飛び立った。

アルマゲドン [Blu-ray]

新品価格
¥1,787から
(2017/9/27 15:43時点)

【感想】普通に面白いです。

映画ではテキサス州くらいの大きさの小惑星でした。

実際にこの規模の小惑星が降ってくるとどうなるのだろうか。

ミサイルを撃ち込んで破壊するのだろうか。

映画のように3週間で訓練して宇宙に人を送ることはできないと思うけど。

 

そうなんです。

普通に面白いけど、むちゃくちゃです。

 

小惑星に穴を掘って中心から爆破しないといけない。

つまり採掘のプロの力が必要。

だから石油採掘のプロ(民間人)を宇宙に送り出す。

そんな作戦です。

 

素人が数日訓練して宇宙に行けるもんでしょうか。

ってそんなこと言ってられない状況だったのでしょうけど。

 

そして同時期公開の映画「ディープ・インパクト」との競合のため、16週間で撮影が終了。

マイケル・ベイ監督も細かなことは言ってられない状況だったのでしょう。

 

私がこの映画を観たのは高校生のころです。

ブルース・ウィリスがかっこ良過ぎて、何からでも地球を守ってくれると思ったものです。

そしてリブ・タイラーの可愛さにメロメロになった思い出があります。

 

当時は知らなかった役者さんが沢山出ているのが驚きです。

テレビドラマ「プリズン・ブレイク」のウイリアム・フィクナーさんが出てたんだ。

オーウェン・ウィルソンさんも出てたとか後で知りました。

また観直したくなりますね。

 

エアロスミスの楽曲で最高に熱い気持ちになれる、そんな映画です。

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top