skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

『アイ・アム・レジェンド』地球上で一人っきりになっても生きたい。

作品情報

原題:  I Am Legend
監督:  フランシス・ローレンス
脚本:  マーク・プロトセヴィッチ、アキヴァ・ゴールズマン
製作:  アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・ハイマン、ジェームズ・ラシター、ニール・H・モリッツ、アーウィン・ストッフ
製作総指揮:  マイケル・タドロス、アーウィン・ストフ、デイナ・ゴールドバーグ、ブルース・バーマン
キャスト: ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク
音楽:  ジェームズ・ニュートン・ハワード
上映時間:  100分

 

ざっくりあらすじ

2012年、ウイルス感染により人類のほとんどが死滅してしまった。
感染者は凶暴化し人を襲うようになる。
科学者のロバートはニューヨークでただ1人の生存者だった。
彼は愛犬のサムとともに3年を過ごし、無線で呼びかける生活をおくっていた。
感染者を捕獲し血清を作る研究を続けるロバートだったが・・・。

アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]

新品価格
¥1,000から
(2017/9/27 15:32時点)

【感想】若干のネタバレあり

ウイルス感染で60億人の内54億人が死亡した世界。

残りの6億人は免疫を持っており、生き延びる。

しかし、6億人の内98%は全身の体毛と太陽光への耐性を失い、

他の人間を襲って捕食する「ダーク・シーカー」に変貌してしまった。

 

そんな世界でロバート(ウィル・スミスさん)が一人で血清の研究を続けている。

そして無線で生き残りの人類に呼びかけ続ける。

ある日ダーク・シーカーに襲われている時に他の生存者に助けられるが・・・。

そんなストーリーです。

 

「地球上に、人類はたった一人だけになった」

というのがキャッチコピーだったのに。

 

結局ウィル・スミスの他にも生き残っている人類いるやん!

と思わず突っ込みました。

 

本当に生存者はロバート一人だけで映画を作っていたら、どうだっただろうか。

面白くはならないだろうか。

「キャスト・アウェイ」は無人島にトム・ハンクスが一人だけだった。

少し違うけど、ウィル・スミス一人だけで血清を完成させる。

ダーク・シーカーを暴徒から正常に戻していく。

まさにレジェンドですよ。

 

最後の最後までウィル・スミス一人でも面白かったと思うけど。

 

実際に生き残りが自分一人だったとしたら、

死んだ方がマシとかよく聞きます。

私は地球上で自分一人になったとしても、生き残りたい。

 

そんなことを考えながら観る、犬が可愛い映画です。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top