skip to Main Content

映画の感想ブログと時系列に並べた映画年表のサイトです。

作品情報

原題:  The King’s Speech
監督:  トム・フーパー
脚本:  デヴィッド・サイドラー
製作:  イアン・キャニング、エミール・シャーマン、ガレス・アンウィン
製作総指揮:  ポール・ブレット、マーク・フォリーニョ、ジェフリー・ラッシュ、ティム・スミス、ハーヴェイ・ワインスタイン、ボブ・ワインスタイン
キャスト: コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ
音楽:  アレクサンドル・デプラ
上映時間:  118分

 

ざっくりあらすじ

吃音症の英国王ジョージ6世。いろんな専門家が治療を試みるもことごとく失敗する。諦めかけてるジョージ6世を言語療法士のライオネル・ローグが担当することになり、二人でケンカしながら吃音症を克服しようとする姿を描いた物語。

 

英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]

新品価格
¥1,680から
(2017/9/27 15:21時点)

【感想】

面白いです。勇気をもらえる映画です。

コリン・ファースさん、ジェフリー・ラッシュさんの演技が最高です。ヘレナ・ボナム=カーターさんも素敵でした。顔がタイプじゃないけど。
三人の掛け合いが面白い映画です。
ジェフリー・ラッシュさんのソフトな変人っぷりはいい味出してますね。コリン・ファースさんの苦しむ姿を見てると応援したい気持ちになってきます。ガッツで頑張る人は素敵ですね。苦手なものを克服するのはガッツしかないですからね。

実際のジョージ6世さんのことは知りませんが、いい映画でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back To Top